FC2ブログ

マルタの水

ASWOT

2013-11-05
調味料・水
0 COMMENTS
以前のブログ「マルタパンのレシピ」で、日本のパン職人さんが、マルタと日本の水が違い、マルタパンの味が再現できなかったため販売を断念されたことを書きましたが、マルタの水ってどう違うのでしょうか。

雨水には不純物が混じっているものですが、自然に囲まれたマルタでは大気汚染物質は極めて少ないものと思われます。ただし四方を海に囲まれていますので、最も多いのは海水のしぶきに混ざっている塩化ナトリウムです。

しかし、マルタには今なお、自然の生態系のしっかりとした山野がありますので、土のろ過作用によってきれいな水ができあがります。しかも何年もかけ、地下水となって湧き出るまでには、土中のカルシウム、マグネシウム、ナトリウム、カリウムなどのミネラル成分を含んだ硬水ミネラルウォーターになります。

日本では飲料水は塩素で殺菌しますが、ヨーロッパでは基本的にこれを認めていません。
品質の良いミネラルウォーターができない場合でも、原水を砂の層で長時間かけて浄化する、緩速濾過(かんそくろか)方式という方法で上水をつくるそうです。

水道橋は、南仏のポン・デュ・ガールなどが有名ですが、マルタ島とゴゾ島にも水道橋が残っています。
写真はゴゾの水道橋ですが、マルタとゴゾの水道橋は、旧ローマ帝国世界の中では最も保存状態が良いと言われているそうです。

suidoukyou.png


マルタ応援クリックありがとうございます

mtt4
関連記事

Comments 0

There are no comments yet.