FC2ブログ

ハードボイルド作成法

ASWOT

2013-10-27
レシピ・クッキング
0 COMMENTS
今回はハードボイルドとソフトボイルドゆで卵作成法についてのお話です。

地中海風サラダにも欠かせない固ゆで卵。
これまで長年、「お鍋の中に卵が浸かる位の水と卵を入れ、水の状態から卵を茹で、水が沸騰後、半熟なら5分程度、固ゆでなら13分程度茹でた後、冷水にとって殻を剥く」と以前読んだ本の教えに従いゆで卵を作ってきました。

ところが最近は、ゆで卵の作り方の常識(?)も変わってきたようですね。

①卵は茹でる前にしばらく常温に置くか、茹でる前に水にくぐらせる。(急な温度変化による卵の破損を防ぐため)
②お鍋に1~2cm程度の水を入れ沸騰させる。
沸騰したら卵を入れ、蓋をして中火で4分程度茹でる。
半熟なら取り出して、1分程度水につけてから殻を剥く。(水に浸けなくても良い。でも熱い。)
 固ゆでなら、火を止めそのまま8分蒸らしてから取り出し、水でさましてから(水に浸けなくても良い)殻を剥く。

写真は、この方法で作成したゆで卵です。
半熟の方は温泉卵程度の柔らかさでしたので、もう少し固まっていた方が良い場合は、火を止めてから数分間蒸らした方が良いかもしれません。
卵の一部しか熱湯に浸からないので心配でしたが、固ゆで卵も4分加熱し8分蒸らしただけで、ちゃんとしたハードボイルドが出来上がりました。

yudetamago.jpg


マルタ応援クリックありがとうございます

mtt4


関連記事

Comments 0

There are no comments yet.