FC2ブログ

抗酸化作用が強いことが判明!マルタのオリーブ

ASWOT

2013-10-17
オリーブ・オリーブオイル
0 COMMENTS
今回は抗酸化作用が強いマルタのオリーブのお話です。

マルタのオリーブオイルづくりには長い歴史がありましたが、イタリア、スペイン、ギリシャのオリーブオイルの圧倒的シェアに、一時衰退してしまったこともあったようです。
また、マルタのオリーブはイタリアのプーリアの種を起源とするものと考えられていたので、「マルタのオリーブオイル」と認められないということもあったようです。
しかし研究が進み、マルタのオリーブの中には珍しい白オリーブがあるなど、独自の種と認められるようになりました。しかもマルタのヴァレッタ大学や南イタリアのバーリ大学の調査で、マルタのオリーブは極めて抗酸化作用が強く、免疫系システムを高め、高血圧に特に有効であることが突き止められたようです。特に注目すべき報告は、マルタのオリーブは抗酸化物質が豊富であるため、キイロショウジョウバエも木に卵を産み付けることができないということです。

タイムリーにもマルタのオリーブオイルに関する記事が、2日前のイギリスの食に関するウェブサイトに掲載されていたので、ついでにご紹介いたします。
イギリスでTVを中心に活躍する食の分野の有名人(らしい)Jamie Oliverが運営するウェブサイトによると、マルタのオリーブが良い理由は、気候、石灰質の土壌、それにマルタの国土面積の小ささが関係しているということです。

狭いのが何故良いのかというと、運送に時間がかからないので、オリーブを収穫してから圧搾するまでの時間が短いからなのだそうです。記事によると、「時間」どころか「分」単位で鮮度を争うようです。
鮮度が酸度に影響するというのは前回お知らせしましたが、まさかそこまで酸度を低くする努力があったとは。。。スローフードをつくるのは、意外と時間勝負だったんですね。

olive.png


マルタ応援クリックありがとうございます

mtt4
関連記事

Comments 0

There are no comments yet.