FC2ブログ

マルタの古代遺跡

ASWOT

2013-09-12
マルタの古代文明
0 COMMENTS
マルタは本島であるマルタ島と、ゴゾ島、コミノ島の3島、それに2つの小さな無人島の5つの島から成る、総面積316K㎡の小さな国です。
淡路島の3分の2、佐渡島の半分、東京23区の半分以下の大きさですが、そんな狭いマルタには3つの世界遺産があります。

その一つが、マルタに30~40ほどあると言われる巨石神殿群です。
shinden1.jpg
これは古代エジプト文明や古代シュメール文明よりもさらに古い時代につくられた、人類最古の建造物とされています。

第一王朝期が紀元前3000年頃とされるエジプトよりも更に前の、紀元前4500年から紀元前2500年にかけて神殿がつくられたものと推測されています。
中には数十トンもの石もあり、どうやって切り出して運んだのかは謎とされています。

また紀元前2500年頃から500年間はマルタには人が住んだ形跡がなく、古代文明を築いたのはどの民族だったのかも謎とされています。
shinden2.jpg
またマルタ近海の海底からも遺跡は見つかっており、グラハム・ハンコックをはじめ考古学者のなかには、最終氷河期に大陸と陸続きであったと考えられるマルタが、海底に沈んだ文明アトランティス説を唱える人もいます。
iseki.jpg



マルタ応援クリックありがとうございます

mtt4
関連記事

Comments 0

There are no comments yet.