FC2ブログ

唐辛子の効能

ASWOT

2013-09-09
食品の効能
0 COMMENTS
唐辛子といえば辛み成分のカプサイシンが、体温を上昇させ発汗や脂肪燃焼を促進させる>ので、ダイエットに効果的ということが有名です。

今日はそんな唐辛子の効能をまとめてみます。

カプサイシンは代謝を上げるといわれていますが、これは摂取したカプサイシンが中枢神経を刺激して、アドレナリンの分泌を促す働きを持っているからと考えられています。

唐辛子はカプサイシン以外にも、ビタミンAやビタミンC、ビタミンE、ビタミンB2、鉄、カリウムが多く含まれていて、意外と栄養豊富です。
このため肌荒れ防止や風邪の予防、疲労回復に効果があると言われています。

また強力ではないものの殺菌効果があるので、食中毒の予防にも効果的とも言われます。

薬用として発毛促進や発汗促進の他、健胃薬として使われることもありますが、辛み成分のカプサイシンが胃腸の粘膜を傷つけてしまうこともありますので、過剰摂取には注意が必要です。

辛い物だけではなく、トウガラシ属にはシシトウやパプリカも含まれます。これらの甘唐辛子には辛みがほとんどないため、サラダやグリル料理にしたり、煮込んだりして使われます。
この甘唐辛子には、抗発がん作用や免疫力強化に役立つβカロチンが豊富です。
強い抗酸化作用のあるビタミンEも多く含んでいますので、生活習慣病の予防アンチエイジングに効果が期待できます。

chili-pate.gif
まろやかな辛さのペッパー・パテ
http://maltaste.com/chili-pate.html



マルタ応援クリックありがとうございます

mtt4
関連記事

Comments 0

There are no comments yet.