FC2ブログ

そういえばマンダリンとは?

ASWOT

2013-09-07
野菜・果物・ハーブ
0 COMMENTS
前回のアロマのお話に登場したマンダリンオレンジですが、そういえば何故マンダリンの名前がつくのでしょうか?
マンダリンとタンジェリンの違いとは?
今日はそんなことについてのお話です。

マンダリンと言って思いつくのは、やはり中国語のマンダリンではないでしょうか。
標準中国語とか普通話のことだと思っていましたが、その基礎となったものの、あくまでも官話とよばれる方言の一つに分類されるようです。
もともとマンダリンは官吏のことをさしていて、官吏が話した言葉をマンダリンと言うようになったということです。
官僚」とか「命じる人」のことをポルトガル語でmandarim、マレー語でmenteri、サンスクリット語でmantrin、英語でministerということが、マンダリンの語源になっているようです。
そのマンダリンの話す言葉を、中国語のマンダリンと呼ぶようになったんですね。

ところでマンダリンオレンジは、何故マンダリンの名前がついたのでしょうか?
今のところ2説確認していますが、その一つは清朝中国の官吏達が着ていた衣服の色が、マンダリンオレンジの色であったからというものです。

もう一つは、官吏たちが主君に尊敬の念を示してオレンジを捧げていたので、その果実をマンダリンオレンジと呼ぶようになったというものです。

因みにCMYK(印刷などの際に色を、C:シアン≒青、M:マゼンタ≒赤、Y:イエロー≒黄、K:キープレート=ブラックの割合によってコードで指定するもの)の色見本でいう、マンダリンオレンジとオレンジ色、橙色の比較は下の通りです。
mandarin-orange.png

orange-c.png

daidai1.png
この色見本でも他のオレンジ系の色に比べて、少し薄いオレンジ色のように感じますが、実際にマンダリンの実はタンジェリンに比べて黄味がかった色をしています。
tigai.png
因みにタンジェリンの語源は、モロッコのタンジェ(地名)で元々の産地がこの辺りであったようです。

3citrus.gif
マンダリンオレンジ入り「オレンジのオレンジリキュール漬け」
http://maltaste.com/citrus.html



マルタ応援クリックありがとうございます
mtt4
関連記事

Comments 0

There are no comments yet.