キャロブシロップの使い方

某レストランの凄腕シェフに、キャロブシロップの使い方を直伝して頂きました。なんて贅沢なんでしょう!

食はまさに芸術ですね。
味、アイデア、盛り付けの美。
お料理は食べてしまうと無くなってしまいますが、記憶にずっと残るくらいのお料理を生み出して、食べた人を感動させられるなんて、素晴らしいことだと思います。お料理も、建築物や彫刻、絵画みたいに保存出来るものだったら、過去からの素晴らしい作品の数々を堪能できるのに。。。と食いしん坊根性をかきたてられております。

それにしても、一流シェフの食に対する情熱は素晴らしいですね!
クリエイティブな食を生み出す方々って、みなさんイキイキとしていらっしゃいます。
そんなエネルギーにあふれる方々とお知り合いになれるのも、こんなお仕事をさせて頂いているからこそですから、感謝の気持ちを持って、良い食材をご提供できるよう頑張っていきたいと思います。

さて、キャロブシロップの使い方です。
その1:ホワイトチョコレート・ジェラード+キャロブシロップ
その2:フォアグラとオマールエビのテリーヌ+キャロブシロップ
その3:ゴルゴンゾーラチーズ+キャロブシロップ

お家で出来そうなのは、その3くらいですね(涙)
なかなか一般家庭では、フォアグラとオマールエビのテリーヌなんて用意できませんから、やはりレストランに行くしかないのでしょうか。。。冷製のお肉などで代用してみたいと思います。
ホワイトチョコレートのジェラードもないのですが、バニラアイスなら入手可です(^_^;;;

想像しただけで美味しそうです。(弊社営業はちゃっかりご馳走になり、感動しておりました。)
一流シェフの「味の足し算想像力」、神ですね。

blog_import_521a91b7c6129.jpg

maltaste3のコピー


マルタ応援クリックありがとうございます


関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。