FC2ブログ

地中海のどんぐり

ASWOT

2014-06-23
ワイン・アルコール
0 COMMENTS
前回のブログ「ワインのコルクの原料は?」でお話したワインのコルクの原料、コルクガシコナラモチノキ
よく「どんぐりの背比べ」と言いますが、これらの木のどんぐり(団栗)は、日本の一般的などんぐりに比べてかなり大きいようです。

ワイン愛好家にとっては、ワインのコルクになってくれるだけでもありがたい木なのですが、更にこれらの木のどんぐりたちは、イベリコ豚の餌になるのです。イベリアの生ハム、ハモン・イベリコは赤ワインにピッタリですよね。

どんぐりはタンニンなどの渋みがあるので、渋みを抜くのが少々大変ですが栄養豊富ですので、人の食用になるような渋みの穏やかな種類のどんぐりは、粉にしてパンやクッキーの材料にしたり、炒って食べることもあります。韓国の冷麺の中には、どんぐり粉を混ぜたトトリ冷麺もあります。韓国語で、トトリはどんぐりという意味なのだそうです。

どんぐりは種子ではなくて果実なのですが、どんぐりを餌にするネズミやリスが、土中に貯蔵しておいて食べ残したどんぐりから発芽して育ち、拡散していくのだそうです。自然ってよくできていますね。

マルタに行って、マルタの国樹コナラモチノキを見る機会があったら、大き目サイズのどんぐりも探してみて下さいね。
因みに、マルタのサラミやソーセージも、実は人気なんですよ。
残念ながら日持ちしないので、日本には輸入していませんが(^_^;;;
マルタに行かれたら、食べてみて下さい!

salami.jpg


マルタ応援クリックありがとうございます

↓マルタ+テイストのホームページは、こちらをクリックしてください。
fb1.jpg



関連記事

Comments 0

There are no comments yet.