FC2ブログ

ワインのコルクの長さ

ASWOT

2014-06-10
ワイン・アルコール
0 COMMENTS
最近はスクリューキャップのワインも増えてきましたが、やはりコルクを抜く時の「ポンッ」という感じはなかなか良いものです。
ワインのコルクに描かれているマークやロゴには素敵なものもあるので、コレクターの方がいらっしゃるのも分かる気がします。

コルクはよく見ると材質も様々で、長さも結構違っていることに気付きますが、コルクの長さは価格に比例することが多いようです。
長期熟成に適したブドウを使って、生産者が長く寝かせておくことを前提に作ったワインの場合、その年月に耐え得るようにコルクも長いものになるのです。いわゆる高級ワインと呼ばれるものの場合は5cm以上で、中には6cmに近いものもあります。
一方、カジュアルにフレッシュな味わいを愉しむワインの場合、コルクの長さは3cm~4cm位です。

スクリューキャップは味気ないと感じられる方も多いと思いますが、酸素を遮断できるので栓としては優秀です。2~3年以上の熟成にはコルクの方が良いという意見もありますが、コルクのワインと違って横にして寝かせて保存する必要がないので、立てて保存・販売されていても安心という利点もあります。

筆がペンになり、手紙がメールになったように、コルクがスクリューキャップになるかもしれませんが、コルクを抜く時の感覚はいつまでも愉しみたいたいものです。

因みにマルタのワインコルクの長さは、4.8cmと微妙な長さでした。

コルク


マルタ応援クリックありがとうございます

マルタ+テイストの通販サイトは、こちらをクリックしてください。
fb1.jpg

関連記事

Comments 0

There are no comments yet.