FC2ブログ

キニーとキニーネ

ASWOT

2014-05-24
キニー
0 COMMENTS
マルタの独特な苦みを持つ炭酸飲料キニーは、ネットでもその味を巡り「美味しい?まずい?」と話題になっています。
※exciteニュースの記事はこちら:http://www.excite.co.jp/News/bit/E1374027575261.html
ところで、このキニーをご紹介させて頂いているとよく、「これって、キニーネですよね!?」と言われます。
特にバーテンダーさん達は、自信を持って「これは絶対にキニーネを使っているはずです!」とおっしゃいます。

キニーネは強い苦み成分を含有している物質で、よくシュウェップス (Schweppes)などの海外のトニックウォーター(お酒をわる炭酸飲料)に使われていてます。
※キニーネは味覚をはかる際の、苦味標準物質にも使われます。

キニーネはキナ(アカキナノキ)の樹皮から成分を抽出してつくられますが、キナはもともと南米原産で、インディオは古くからキナの樹皮を解熱剤として使用していました。
このキニーネは偶然、マラリアの特効薬になることが明らかになり、キナはインドネシアやスリランカにプランテーションもつくられるようになりました。ご存知の通り、マラリアは病原体(マラリア原虫)が蚊(ハマダラカ)によって媒介される疾患なので、当時熱帯地域に植民地を持っていた西洋諸国にとっては重要なものだったのです。

キニーネは抗マラリア薬として有用ですが、一方で胃腸障害や、腎障害が起こったり、視神経に影響を及ぼすなどの副作用がみられることもあるような強い成分です。

現在、海外ではキニーネは苦みの添加物として認められていますが、日本では劇物に指定されているので、海外で販売されているキニーネの入ったトニックウォーターは基本的には輸入することはできません。日本で販売されているシュウェップスにもキニーネは入っていません。
※最近フィーバーツリートニックウォーターというキニーネの入ったトニックウォーターが輸入されたとか。。。

前置きがかなり長くなってしまいましたが、このキニーネの成分はキニーには入っていませんが、キニーに使われているオレンジの皮の苦みがキニーネの味にそっくりなのだそうです。
輸入時に成分については確認しているのですが、プロのバーテンダーさん達に自信を持って「キニーネの味」と言っていただくので、心配になって製造元にも再確認しました。やはり断じてキニーネは入っていないそうです。

ちなみに、カタカナで書くと「キニー」と「キニーネ」とても似ていますが、キニーはKinnie、キニーネはQuinineです。
キニーネというよりクイニーネって感じの発音でしょうか?



3_310X360 (1)


マルタ応援クリックありがとうございます

fb1.jpg



関連記事

Comments 0

There are no comments yet.