FC2ブログ

マルタのハチミツ。蜜が違う!

ASWOT

2013-08-20
はちみつ・チーズ
0 COMMENTS
マルタのはちみつには古い歴史があります。
国名であるマルタ(Malta)は、ギリシャ語のMeliteからきていると言われますが、更にこのMeliteはギリシャ語ではちみつを意味するMeliからきていると言われています。

マルタのはちみつは世界一の味と言われているのには、やはり何かわけがあるようです。
blog_import_521a920f10e8e.jpgblog_import_521a920500f59.jpg

ハチミツは「れんげ」「アカシア」のように、どんな花から採れたかによって種類分けされることが多いです。
でもマルタのミツバチは自由に島内を飛び回っていますので、普通は花によるハチミツの種類分けができません。

ミツバチが集めてくる花々は、タイム、キャロブ、ルリジサ(Borage)、シロガラシ(White Mustard)、クローバー(Bitumen Clover, White Clover)、ユーカリ、地中海オレンジなど約1,000のマルタの特徴的な植物です。

これらの植物が、マルタのはちみつを特別なものにしているのです。

blog_import_521a920d93839.png


マルタには特有の薬効成分を持つ植物が多いため、その花々から集まったハチミツも、味や香りが違うだけでなく、植物が持つ薬効成分を含んでいると考えられています。

これらの植物は、花が咲く季節がそれぞれ違いますので、集まる蜜も季節によって違います。
春から夏にかけては、タイムの蜜が多く含まれます。夏以降は、ユーカリやキャロブの蜜が多くなります。
その上、雨量や気温といった気象条件に左右されやすい植物が多いのです。

そのため、同じマルタ・ハニーと言っても、蜜が取れた季節や条件によって味が違ってしまいます。
見た目も濃い色をした濃厚そうなもの、薄い色をしたさらりとした感じのものがあります。
blog_import_521a92124ebc4.jpg

お買い求めの際は、この点をご了承ください。
ご希望があれば、濃い色のもの、薄い色のものをお選びすることはできますので、お申し付けください。


マルタ応援クリックありがとうございます

mtt4

関連記事

Comments 0

There are no comments yet.