FC2ブログ

AGE をためない食事&生活とは? [地中海式ダイエット]

ASWOT

2013-11-15
地中海式ダイエット
0 COMMENTS
今回は老化の原因物質AGEをためない食事&生活についてのお話です。

前回のお話しの通り、ご飯、麺類、パン、デザートなどの炭水化物を沢山食べると、糖の過剰摂取によって糖化がすすんでしまいます
糖質以外にも、焦げ目のついた肉や魚、パンなどにもAGEは含まれています。ですから同じお魚でも、お刺身よりも焼き魚の方がAGEが多くなりますし、生野菜よりもグリルした野菜の方に多く含まれます
AGEは加熱時の温度が高いほど多く発生してしまいますので、例えば同じ鶏肉100gを蒸し焼きにした場合のAGEの量は969kuですが、フライパンで焼いた場合には4,938ku唐揚げで9,732kuバーベキュー(丸焼き)で18,520kuになります。
また、揚げ物や焼き物を食べる時にレモン果汁やビネガーをかけると、AGEを減らす効果があるそうです。

またジュースなどに含まれる人工甘味料も、ブドウ糖の10倍の速さでAGEを作ってしまうそうですから飲み過ぎには注意が必要です。砂糖や果糖も血糖値を上げてしまいますので、甘いものを空腹時に摂取して、急に血糖値を上げない方が良いのです。

生活習慣では、やはり喫煙はAGEを増やしてしまいます。愛煙家のみなさん、ごめんなさい。
紫外線もAGEを増やしますし、激しい運動は体が酸化するだけではなく、食後すぐの激しい運動は血糖値を上げてしまうそうです。ただし血糖値は食後1時間くらいに最も高くなりますので、食後20~30分後くらいからの軽い運動、例えばお散歩やストレッチなどは、おすすめです。

とはいえ、ストレスもAGEを増やしますし、ダイエットに意識が集中しすぎると、かえって食欲が湧いてしまったりしますので、夜だけは炭水化物をなるべくとらないとか、どうせ食べるなら加熱時間の短い方のお料理を選ぶとか、激しい運動をするなら食後をさけるなどの工夫をして、やりたいことや食べたいものを我慢してストレスをためないことも大切だと思います。
見た目年齢が若い人は、実際に測定すると体内年齢も若いそうですが、やりたいことをやっている人は同じ年齢でも若そうに見えるような気がします。全くの主観ですが(笑)

s-lemon.png


マルタ応援クリックありがとうございます

mtt4
関連記事

Comments 0

There are no comments yet.