FC2ブログ

オリーブオイルの成分結果

ASWOT

2013-11-09
オリーブ・オリーブオイル
0 COMMENTS
食に関する偽装が立て続けに報道されると、あらゆることに猜疑心がうまれてしまいます。

マルタテイストのアンティパストには、エキストラ・ヴァージン・オリーブオイルが使われています。
日本にはオリーブオイルの表記に関して明確な基準がないとはいうものの、マルタは世界基準になっているので、こちらに使われているオリーブオイルも、エキストラ・ヴァージンを名乗って良いオイルでなければならないはず。販売している以上、やはり知っておかねばと思い、数字を出してもらいましたので、安心のためにお知らせします。

( )内の数字は国際基準となるエキストラ・ヴァージン・オリーブオイルの数値で、全ての数字がこれ以下であることが認定の条件です。左がマルタテイストの商品に使われているオリーブオイルの数値です。

Acidity ---- 0.53(0.8)
K270 ------- 0.141(0.22)
K232 ------- 2.119(2.5)
DK --------- -0.001(-0.1)
Peroxide --- 12.00(20)

Acidityは酸価を表し、K270とK232は鮮度の指標となり、それぞれ混合物の有無、収穫後加工までにかかった時間をはかることができるそうです。
DKはDelta Kで、K270-(K266+K274)/2で求められるそうです。Peroxideは過酸化物を表し、酸化の状態が分かります。

馴染みのないことなので、数値の持つ意味は明確には分かりませんが、いずれにしても国際基準のエキストラ・ヴァージン・オリーブオイルを名乗っても良いようで、ひとまず安心しました。

写真 (29)


マルタ応援クリックありがとうございます

mtt4
関連記事

Comments 0

There are no comments yet.