FC2ブログ

カテゴリー "食品の効能" の記事

スポンサーサイト

白ワインloverのための効能集

今回は白ワインloverのための、白ワイン効能集です。前回ポリフェノール量では、赤ワインに惨敗してしまった白ワインですが、実は色々効能があるようなので、まとめてみました。①酒石酸、リンゴ酸などの有機酸を多く含むため、悪玉菌を減らし、大腸がんを減らす効果がある②カリウムを多く含むので、利尿作用があり、むくみに効果的③便秘を抑える④骨粗鬆症を予防する働きがある⑤糖質が少ない(グラス1杯120mlあたり、赤ワイン:3g、...

欲張りなポリフェノール

今やアンチエイジングに有効な抗酸化物質の代名詞的な存在「ポリフェノール」ですが、今回はワインの銘柄によってポリフェノールの含有量は違うのか?についてお話します。以前のブログで、同じ銘柄で違うヴィンテージのワインなら、古い方がポリフェノールの量が多いことをお伝えしました。では、ブドウの種類やワインの銘柄によってポリフェノールの量は違うのでしょうか。この件に関しては、2件の調査結果を確認しています。グ...

唐辛子の効能

唐辛子といえば辛み成分のカプサイシンが、体温を上昇させ発汗や脂肪燃焼を促進させるので、ダイエットに効果的ということが有名です。今日はそんな唐辛子の効能をまとめてみます。カプサイシンは代謝を上げるといわれていますが、これは摂取したカプサイシンが中枢神経を刺激して、アドレナリンの分泌を促す働きを持っているからと考えられています。唐辛子はカプサイシン以外にも、ビタミンAやビタミンC、ビタミンE、ビタミンB...

疲労回復にはビタミンB1+タマネギ

ヨーロッパでは4000年の歴史があると言われる玉ねぎですが、日本に入ってきたのは意外と最近のことです。最初は観賞用として江戸時代に持ち込まれ、食用としては明治に入ってから使われ始めました。エジプトでは古くから経験的にスタミナ源になると考えられ、強壮剤としてピラミッド建設中にニンニクとともに人々に供されていたとも言われています。またヨーロッパでは独特の匂いから、玄関先につるして魔よけとして使う地方もあっ...

フェンネルといえば太田胃散&仁丹

フェンネルは日本では茴香(ウイキョウ)とよばれる、黄色い可愛らしい花をつける植物です。ウイキョウといってもピンとこない方でも、太田胃散や仁丹につかわれている、口や胃をさっぱりさせる成分といえば「あ~」とお分かりになる方もいらっしゃるのではないでしょうか。太田胃散に使われていることからも分かるように、消化促進効果が有名ですが、古代エジプトから現代に至るまで薬剤としても使われてきただけに、他にも様々な...

子宝?エラグ酸?ザクロのパワー

ザクロの実はとても個性的な形をしています。それもあってか、ザクロには洋の東西を問わず様々な伝説や言い伝えがあり、占いや儀式などにも用いられる不思議な果物です。日本では鬼子母神の話が有名ですが、海外でもほとんどが子宝や結婚にまつわるものです。ザクロには女性ホルモンであるエストロゲンが含まれているので、自然な形で女性ホルモンを補うとして、女性に良い果物と話題になったこともあります。しかしその後、国民生...

ローリエ(月桂樹)は食べても良いの?

マルタテイストのアンティパストには、大き目のローリエが入っています。捨ててしまうのはもったいない?食べても良いのでしょうか?ではまず、ローリエはどのようなハーブなのでしょう。ローリエは強く甘い芳香を持つ香草で、ブーケガルニには欠かせないハーブです。唾液の分泌地を増大させて消化を助けるので、スープやソースに古くから使用されてきました。消化を促進したり、食欲を増進させるなど、胃腸の調子を整える働きがあ...

いちじく アンチエイジング&整腸効果

以前お知らせした「食のオスカー」グレート・テイスト・アワード。この大会でマルタテイストのイチジクチャツネも、2008年に金賞を受賞しています!でも、イチジクのチャツネは日本ではあまり見かけないので、どうやって食べればいいものやら......ヨーロッパではお肉にソース(ジャム?)のように塗ったり、キッシュやオムレツに添えたりしてたべることが多いようです。 チャツネと言っても、レーズンも入っていて甘いので、パン...

若返りのハーブ ローズマリー

「ローズマリーって何に良いの?」とご質問頂きましたので、お答えいたします。ローズマリーはハーブの中でも、最も芳烈な香草です。野性的で甘くて、ちょっと青臭い強い香りを持っています。この香りに持続性があって肉の臭みをカバーするので、豚肉・鶏肉によく使います。赤身肉を焼く前に、ローリエ、オリーブ油でマリネすると、ほどよい味付けができます。また古くから、肉を保存するのにも使われてきましたが、肉だけでなく、...

マクロビ界の最終兵器。ダイエットの救世主。それはキャロブシロップ。

チョコレートの代用品、マクロビ界の最終兵器、ダイエットの救世主などといわれるキャロブ。地中海沿岸とアフリカ大陸の一部にしか生育しないので、食材としてなかなか見かけることはありませんが、日本でも糖質制限される方や、マクロビダイエットを実践される方、チョコレートなどにアレルギーのある方は、甘いものを食べたい時にキャロブを食べられるようです。 キャロブはチョコレートの代用品と言われるだけあって、確かに後...

ゴマはすりましょう。

アンチエイジングに、抗酸化物質を含む食品を食べた方が良いというのは、今や皆さんご存知のことですね。ゴマに含まれるゴマリグナンも抗酸化作用があることで知られていて、その中で有名な物質はセサミンです。ゴマリグナンが他の抗酸化物質と違う点は、脂溶性であるということです。他の抗酸化物質の多くは水溶性で、血液中の活性酸素に有効ではあるものの、最も酸化物質を生産する肝臓までは到達しません。一方、ゴマリグナンは...

トマトの赤は栄養のあかし!

トマトを色で種類分けすると、主に赤系、ピンク系、緑系に分けられます。日本の一般的なトマトはピンク系になりますが、今は赤系トマトに注目が集まっています。その理由は、リコピンという成分が、この赤い色素の中に含まれているからです。もうすっかりお馴染みのリコピンですが、もう一度おさらいをしてみましょう。リコピンはアンチエイジングに役立つ抗酸化作用の強い成分ですが、βカロチンの2倍、ビタミンEの100倍と言われて...

ハリウッドセレブも注目!ダイエットの果物オプンティア

みなさんは、ウチワサボテンの実をご存知ですか?ウチワサボテンの実はオプンティアともよばれ、ダイエットのフルーツとして注目されています。ハリウッドセレブの間でも評判と聞き、早速輸入を決めました(笑) このサボテンの実、何が良いのかと言いますと①サボテンの実が脂肪を吸着して、体外に排出してくれる働きをもっていることや、②血糖値を下げる働きがあること、③リグニンという成分が満腹感を高めたり、ダイエットに有...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。