FC2ブログ

カテゴリー "観光" の記事

スポンサーサイト

ワイナリー紹介 【結婚パーティも開ける MERIDIANA】

マルタのワイナリー紹介 【結婚パーティも開ける MERIDIANA編】MRIDIANAは1985年にできたばかりの若いワイナリーですが、ワールドクラスのワインをつくることを目的に設立されただけのことはあって、ここでつくられるワインは高い評価を得ています。ヒュー・ジョンソンの『ポケット・ワインブック』で、ワイン名を紹介されているのは、マルタではMERIDIANAだけなのだそうです。国土の狭いマルタはブドウの産出量が少なく→ワイン...

コミノ島とキニー

お疲れ様です。コロ助です。今回はマルタ旅行(本島)の感想とキニーの紹介をさせていただきます。今回は首都・ヴァレッタではなく、静寂の街・イムディーナでもなく、コミノ島を紹介します!場所はマルタとゴゾの間くらいにある島です。イタリアの最南端にあるランペトゥーザ島は船が浮いているように見るくらい透明度が高くて有名な海が周りにある島なのですが、コミノ島もそれに近いところにあるので周辺の海の透明度はかなり高...

コロ助のマルタ日記 サンジュリアン編

お疲れ様です。コロ助です。さて今日は僕が泊まったマルタのサンジュリアンの夜について書こうと思います。このサンジュリアンはホテルも多く観光客で賑わっています。浜辺やショッピングセンターもあり、とても眺めも良く過ごしやすい良いところです。マルタは電車がなくバス移動が主流のため、サンジュリアンは様々なところからアクセスできるので日中も現地の人と観光客でワイワイガヤガヤしています。それでもリゾート地だから...

コロ助のゴゾ島観光記 

おはようございます。コロ助です。マルタ旅行の続きを書かせていただきます。昨日のゴゾ島の続きです。まず中心都市の《ヴィクトリア》です。ちょうど訪れた時期に祭りがあったらしく、街に装飾が施されている最中でした。日本の気合の入った祭りとは違い、建物と建物の間にフラッグの付いた糸をピーンと伸ばして雰囲気出すくらいの感じです。ですが街自体に雰囲気があるので余計な装飾がなくて良かったと思います。大聖堂や大城塞...

Memento mori 「 死を忘れず生きる」

前回のブログ「マルタの通貨&VAT」でご紹介した5セント硬貨を、マルタの首都ヴァレッタにある聖ヨハネ大聖堂で、メメント・モリのプレートに加工してしまいました(^ ^;;;お土産にどうぞと言いながら、潰してしまいましたね。聖ヨハネ大聖堂(St. Johns Co-Cathedral)は、1570年代マルタ騎士団によって建てられた聖堂で、荘厳なバロック様式の内装やカラバッジョの絵画が有名です。が。。。ヨーロッパをしばらく旅行していると、...

マルタのパワースポット モスタドーム

前回のブログ「マルタでの出来事 その1」で、ちょっとだけ話に登場したモスタドーム。実はマルタのパワースポットとも奇跡のドームとも呼ばれているんです。奇跡と言われているのは、第二次世界大戦中の1942年4月19日、ドイツ軍が投下した200kgの爆弾がドームを直撃したのですが、それが不発弾であったため、ドームに集まっていた300人ほどの人々が無事だったからなのです。天井には、爆弾で空いた穴を修復した跡が、少し白く見え...

コミノ島で遊ぼう!

夏ですね!マルタの夏も本番です!地中海に浮かぶマルタでは、マルタ本島、ゴゾ島、それぞれの海が楽しめますが、夏に海と言えば、やはりマリンスポーツの聖地コミノ島かもしれません。コミノ島の海は透明度がひときわ高く、空の色を映した明るい水色をしています。コミノ島へはマルタ島やゴゾ島のいくつかの港から船が出ていますが、特にスリーマ(Sliema)の港からは、コミノ島に行くフェリーやボートのツアーが多く発着している...

優しいマルタっ子

今回は念願叶って、ハル・サフリエニの地下神殿に行って来ました!詳細は後日お知らせいたしますが、やはり人気なので、一ヶ月半位先まで入場チケットの予約がいっぱいのようです。ハル・サフリエニは、マルタの首都ヴァレッタからバスで15分ほどのとろにありますが、降りたところから表示が殆どないので迷ってしまうのが難点です。前回すぐ近くにあるタルシーン神殿に行った時にも、入口がさりげな過ぎて迷ってしまいました。今回...

マルタでの出来事 その1

マルタは観光の計画をきっちり立てて行くと、思い通りに消化するのが難しいかもしれません。でもその代わり、思いがけない素敵なサプライズも、たくさん起こる国です。例えば、昨日起きたラッキーな出来事は…①普段は15:00〜17:00にだけ開いているモスタドームに、19時半頃行ってみたら、たまたま開いていて中に入ることができました。②しかも何故か、いつもは閉まっているという奥の部屋にも入ることができました。③花火が二つの村...

マルタ観光チケット

マルタへご旅行のみなさん!きれいな地中海を眺めてのんびり過ごすのも良いのですが、折角なので観光スポットを見て回りたいというアクティブな方への情報です。Heritage Maltaのホームページから、巨石神殿や博物館などの22の観光スポットで使えるチケットが購入できます。チケット購入サイトはこちらです:http://shop.heritagemalta.org/index.asp?comboid=95大人35ユーロで、最初にチケットを使用した日から30日間有効です。私...

マルタと癒し系レゴ「プレイモービル」

今回はマルタとプレイモービルのお話です。プレイモービルと言ってピンとくる方は少ないかもしれませんが、ドイツ生まれのレゴ(レゴはデンマーク生まれです。)のようなおもちゃです。以前日本では、お菓子のおまけにも使われていたそうですが、今は輸入代理店もなくなったので、レゴに比べて知名度は低いと思います。(現在は、プラザや、ヴィレッジヴァンガードで取り扱っています。)でも、ファンの間では「レゴ」と「プレモ(...

ポパイ・ヴィレッジ

今回は映画ロケのセットからできた、マルタのアミューズメント・パークの情報です。1980年のパラマウント映画「POPEYE」は、アメコミの実写版ミュージカル映画です。配給ディズニー、監督はアカデミー賞授与式で名誉賞を受賞した鬼才ロバート・アルトマン、主演ロビン・ウィリアムズ、製作費2500万ドルでつくられ、見事大コケしたという伝説の映画です。DVD化もされておらず、もしかしたらオンデマンドでも観ることはできないかも...

ゴゾの風車

聖ヨハネ騎士団の時代から、マルタには村や町ごとに風車が建てられていたそうです。およそ15メートルほどの石づくりの風車は、巨大な石臼の製粉所として市民の暮らしを支えてきました。内部は通常2階構造で、1階部分は家族の居住スペースになっており、2階部分で風車の管理をしたりパンを焼いたりしていたようです。騎士団によってつくられた12の風車のうち、ほぼ完全な状態でゴゾに残っているのは、18世紀に建てられたタ・コラ...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。